豚肉は腐るとどうなる?見た目・臭い・触って・加熱で見分ける方法!

「あれ?この豚肉腐っているかもしれない・・・」

冷蔵庫の中で購入してから数日経った豚肉を見つけて、食べても良いのか考えてしまうことありますよね。腐ると匂い・味・色はどうなるのかの変化の見分け方はあるのでしょうか。

そこで今回は、

・豚肉は腐るとどうなる?

・腐った豚肉は加熱すると食べられる?

についてご説明します。

腐っているか怪しい豚肉があるときの判断基準になれば幸いです。

スポンサーリンク

豚肉は腐るとどうなる?

<見た目>
色が灰色っぽくなる
色が緑色っぽくなる
トレイを傾けると血が出て、肉の色が悪い

<臭い>
酸っぱい臭いがする
アンモニア臭がする
ヨーグルトが腐ったような臭いがする

<触る>
ヌルヌルする
ネバネバする
糸を引く

<加熱する>
調理しているときから異臭がする

豚肉が腐った時に見た目はどうなる?

・色が灰色っぽくなる
・色が緑色っぽくなる
・トレイを傾けると血が出て、肉の色が悪い

豚肉が腐ってくると、色は、灰色っぽくなったり、緑色に変色してくることもあります。豚肉が緑になる現象は「グリーンミート」と呼ばれていて、腐敗の初期段階になります。初期と言えども油断はできませんので食べないほうが良いでしょう。

あとは、トレイを傾けると血が溜まっていて、肉の色も悪くなっているので直感的にヤバいな・・・と思う感じがするときも腐りかけの状況です。。

全体的に灰色ではなくて、パックのお肉の一部分だけ灰色になることも多いんですよね。この場合食べられるのかは非常に難しい問題です。お肉の様子を見て判断していただくしかありません。

豚肉が腐った時の臭いはどうなる?

・酸っぱい臭いがする
・アンモニア臭がする
・ヨーグルトが腐ったような臭いがする

豚肉が腐ってくると、何とも言えない異臭がしてきます。酸っぱい臭いだったり、アンモニア臭だったり危険な臭いがします。また、ヨーグルトが腐ったような臭いがするときもあり食べてはダメだとすぐに判断できます。

腐っているかもと心配なときは、まず臭いをかぐとすぐに判断できますよ。異臭がしたときは、廃棄するようにしてくださいね。

腐ると触るとどうなる?

・ヌルヌルする
・ネバネバする
・糸を引く

腐った豚肉は触ると、ヌルヌルしたりネバネバしてきます。また、糸を引くぐらいのヌメリが出てくることもあります。

このような状態のお肉はもう食べられませんので廃棄するようにしてくださいね。

腐った豚肉を加熱するとどうなる?

腐った豚肉を加熱調理すると、変な酸っぱい臭いがしたり、獣臭がしたりと異臭がしてきます。明らかに食べると危険な臭いがするのですぐに分かるはずです。加熱して異臭がする豚肉は絶対に食べられませんので廃棄するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

腐った豚肉は加熱すると食べられる?

腐ったお肉は加熱しても食べられません!

腐ったお肉には細菌やウイルスなどの毒素が繁殖しています。加熱しても毒素はなくならないので、食中毒になったりお腹を壊したりしますので腐った豚肉は絶対に食べないようにしてください

もし、食べてしまったら吐き気や寒気が出て、お腹を壊してしまいますので、早めに病院に行くようにしてください。菌を身体から出さないといけないので、正露丸などの下痢止めは飲んではいけませんよ。

豚肉が腐ることのまとめ

<見た目>
色が灰色っぽくなる
色が黄色っぽくなる
トレイを傾けると血が出て、肉の色が悪い

<臭い>
酸っぱい臭いがする
アンモニア臭がする
ヨーグルトが腐ったような臭いがする

<触る>
ヌルヌルする
ネバネバする
糸を引く

<加熱する>
調理しているときから異臭がする

<腐った豚肉は加熱すると食べられるのか>
腐ったお肉は加熱しても食べられません!

豚肉が腐ると、まずは「見た目・臭い・触る」ことで判断します。それでも分からなければ、加熱して見て異臭がすればアウトです。腐った豚肉は加熱しても食べられませんので廃棄するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です