ブロッコリーの旬は?選び方と見分け方の美味しい特徴はこれだ!

ブロッコリーは、シチューに入れたりサラダで食べたり何をしても美味しい野菜ですよね。βカロテンやビタミンCの栄養が豊富に含まれているので旬の時期には積極的に食べたいですね。

栄養価が豊富なブロッコリーの旬と美味しい選び方や見分け方は知っていますか?

 

今回は、

・ブロッコリーの旬の季節はいつなのか

・新鮮で美味しいブロッコリーの選び方と見分け方の特徴

・ブロッコリーが紫色なのは何なのか

についてのポイントをご説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

ブロッコリーの旬はいつ?

11月~3月頃(晩秋~春)

ブロッコリーは産地を代えて一年中国内で作られて、秋から冬は埼玉県、愛知県で生産されています。夏場は日本で一番寒い北海道が主な産地です。アメリカや中国からの輸入物も多いため一年中スーパーで販売されています。

しかし、ブロッコリーが一番美味しい季節は、11月から3月の晩秋から春にかけてになります。寒くなるにつれて甘みが増し栄養価も高くなります。

我が家の冬の定番はシチューです。人参や玉ねぎなどたくさんの野菜を入れて、ブロッコリーを添えると栄養バッチリ!身体は温まって、栄養豊富のブロッコリーを食べて風邪対策、免疫力アップに効果がありますよ!

 

美味しいブロッコリーの選び方と見分け方の特徴は?

・粒がぎっしりと詰まっているもの

・こんもりと盛り上がっているもの

・粒が綺麗なグリーンか紫のもの

・茎の切り口が瑞々しくて太いもの

・茎がついているものは日持ちする

つぼみの粒が密集して色が鮮やか

ブロッコリーの鮮度はつぼみの粒の状態を見ると簡単に分かります。

一粒ずつ硬く締まって、粒が揃っていて、しっかりと密集しているものが美味しいブロッコリーです。こんもりと盛り上がっていて色が鮮やかなものほど新鮮です。

黄色く変色していたり、花が咲いたようにつぼみが開いたものは古くなって、水分も抜けているためパサパサして美味しくありません。

大ぶりほど熟度が高く、美味しい

完熟したブロッコリーは柔らかく甘みも強くなります。小ぶりのものは早取りされたブロッコリーの場合が多いため甘みが足りない場合があります。

同じ品種のブロッコリーであれば大きくずっしりしたものを選ぶようにしてくださいね。

茎の切り口を確認する

茎がしっかり残っているブロッコリーは、鮮度が落ちにく劣化が進みにくいです。また、茎の底の切り口が瑞々しいものが新鮮です。

同じ品種のブロッコリーであれば、茎が太くてずっしりしているものが良品です。細くて弱々しいものは避けた方がよいです。

「ス」が入ったもの茶色く黒ずんでいるものは古くなってきているので避けましょう。

紫のブロッコリーは美味しい?

紫のブロッコリーは甘くて美味しい!

ブロッコリーが冬場に冷気にさらされると、紫色になることがあります。この紫はブロッコリーが低温になったためポリフェノールの一種の「アントシアニン」が表面に出てきたものです。

紫のような黒っぽいような色にびっくりしてしまいますが、これは良品です。低温で育ったブロッコリーは甘みが増していて美味しいです。「アントシアニン」は水溶性のため茹でると紫色は残らず緑色になります。

紫のブロッコリーを見つけたら美味しいブロッコリーなのでぜひ購入してみてくださいね。

スポンサーリンク

 

こんなブロッコリーは選んではいけない!

・黄色く変色したり、黄色い花が咲いているブロッコリー

・茶色く変色しているブロッコリー

 

黄色く変色しているブロッコリーは収穫してから日が経っているので購入しないようにしてください。見切り処分の棚にあっても買ってから日持ちがあまりしませんので避けたほうがよいでしょう。

ブロッコリーが黄色い花が咲いた?!茶色・紫に変色しても大丈夫?

 

ブロッコリーは腐ってくると茶色になります。一部分でも茶色になっているブロッコリーはそこから他の部分も腐って行く場合がありますので、避けた方がよいでしょう。

ブロッコリー腐ると茶色に変色する?日持ちはいつまで食べられる?

 

まとめ

<ブロッコリーの旬>
11月~3月頃(晩秋~春)

<ブロッコリーの選び方と見分け方の特徴>
・粒がぎっしりと詰まっているもの
・こんもりと盛り上がっているもの
・粒が綺麗なグリーンか紫のもの
・茎の切り口が瑞々しくて太いもの
・茎がついているものは日持ちする

<紫のブロッコリー>
紫のブロッコリーは甘くて美味しい!

寒い季節なるとブロッコリーは栄養豊富で甘くて美味しいですよね。ブロッコリーの見分け方は簡単なので、新鮮で美味しいものを選んでくださいね!もし、紫がかったブロッコリーが売っていれば「買い」ですよ!

<こんなブロッコリーは選んではいけない!>
・黄色く変色したり、黄色い花が咲いているブロッコリー
・茶色く変色しているブロッコリー

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です