野菜をお試し出来るって知ってる?>

レタスの赤い変色はヤバイ?食べても大丈夫?原因・防止の方法!

レタスは、生で手でちぎって料理もできるので忙しいときに便利ですね。我が家も一品に欠かせない野菜です。

でも、レタスって油断していると、冷蔵庫に入れていてもすぐに赤くなるので、食べても大丈夫なのか心配になることがあります。

この赤い筋や赤いところは、何とか変色防止したいものです。やっぱり、見た目が美味しそうではないですからね。

ここでは、

・レタスがどうして赤い変色をするのか
・赤く変色しても食べられるのか
・赤い変色を防ぐ方法

をご紹介します。美味しく変色しないレタスが食べられるようになりますよ!

記事作成:管理栄養士 Simo

スポンサーリンク

 

レタスの切り口が赤い変色の原因は?

レタスの切り口が赤く変色するのは、レタスの成分であるポリフェノールのフラボノイドが空気に触れることで酸化反応を起こすためです。

野菜には量は異なりますが、ポリフェノールが含まれています。

レタスはポリフェノールの中でもフラボノイド系の色素を持っていて、切り口が空気に触れると酸化して変色します。

フラボノイド系の色素を持つ仲間としては、玉ねぎ、レンコン、カリフラワー、夏ミカン、レモンなどがあります。

このフラボノイドは、包丁などの金属と触れると色が変わります。

ちぎったり、切ることでレタスの細胞が壊れるのでレタスの成分であるポリフェノールが空気に触れ、色が変わります。
この時に手でちぎるよりも、包丁で切った場合の方がより赤くなります。

 

レタスが赤く変色しても食べられる?

レタスの変色は傷んだのではなく、酸化反応なので食べても問題ありません。

変色の身近なものといえば、リンゴだと思います。
リンゴも切って何もせず、そのままにしていると切った表面が茶色に変わりますが、味も変わらず食べていますよね。

レタスも色が変わっただけで、味も変わらず、食べても問題ないです。

新鮮なため、切ったことでレタスの水分と一緒にポリフェノールがあふれて出てきます。
つまり、赤くなるということは鮮度は良いレタスと分かります。

ただ、見た目はよくないので、食欲が落ちてしまいますよね。

赤い部分が食べられても見た目で気になる人は、傷んでいるわけではないので、ピーラーなどで薄く赤い部分を取る程度で良いと思って下さいね。

賞味期限や消費期限が野菜には書いてないですが、レタスを切らないでいる状態で、およそ1週間程度と思って下さい。
切ると切り口から傷んでくるため1~2日程度で食べきるようにして下さいね。

スポンサーリンク

 

レタスが赤い変色するのを防ぐ方法は?

赤く変色しても食べても問題はありませんが、やはり変色を防いで見た目が美味しそうな方が良いですよね。

それでは、赤く変色を防ぐ方法を5つご紹介していきます。

ラップを利用する

ラップは空気を通さないことが特徴です。レタスの切り口に対してラップして下さい。

 

塩水、酢水に漬ける

リンゴの変色の対応の定番である塩水、酢水に漬けるをレタスでも活用できます。

レタスの切り口に塩水、酢水を付け、ラップして下さい。

ラップしないと冷蔵庫の中で水が蒸発してしまって効果がなくなるのでラップは必要です。

 

繊維に平行に切る

レタスの細胞をできるだけ壊さないように切ることで、レタスの成分であるポリフェノールを空気に触れさせないようにします。

レタスの繊維は茎の方向に平行にあるので、茎の方向に平行に切って下さい。

この繊維に平行に切ると細胞が壊れないので瑞々しさのあるシャキシャキした食感が残りやすいメリットも付きます。

 

外側から一枚ずつはがして使う

包丁で切るとより赤くなるので、外側から1枚ずつ手ではがして使うと赤くなるのは茎の葉がついていた部分だけになります。

この時に、濡れ新聞などで覆ってから全体をラップするとより空気に触れずに済むので赤くなりにくくなります。

 

食べる直前に調理する

レタスはできるだけ作り置きせずに、食べる直前に調理して下さい。

サラダ用にレタスを早くから切っておくと色が赤くなっていることがある人は特に食べる直前に調理するのがおすすめです。

サラダにした場合にはドレッシングも食べる直前にかけることになり、変に水っぽくなく瑞々しく美味しいサラダになりますよ。

スポンサーリンク

 

まとめ

<レタスが赤くなる原因>
レタスに含まれるポリフェノールが空気に増えることで酸化反応するため

<変色して赤くなっても食べても大丈夫?>
赤くなっていても、傷んでいるわけではないので、食べても問題ありません
赤くなっている部分の味も同じですが、見た目が気になる人はピーラーなどで赤い部分だけ薄く切り取る

<赤くなるのを防止方法>
ラップ、塩水、酢水を利用する方法や繊維に平行に切ったり、外側から一枚ずつはがすなど使い方に一工夫をしてくださいね。

レタスの赤く変色するのは、色の変化のみですので、全く問題ないことが分かりましたね。簡単で手軽に調理できるレタスは欠かせないですね。

記事作成:管理栄養士 Simo

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です