野菜をお試し出来るって知ってる?>

オムライスに合うおかず・献立!付け合わせ、主菜・副菜をもう一品!

黄金色の卵が輝くオムライスは子供と女性が好きなおかずです。

チキンライスの具には玉ねぎだけでなく、ミックスベジタブルや子供の苦手な野菜をみじん切りにして混ぜるなど家庭ごとに味が違いますね。

お店ではケチャップよりはデミグラスソースやホワイトソース、トマトソースが使われ、ランチがいっそう豪華になっています。

ただ、家で作るときは定番のケチャップで、1品だけだと栄養バランスも気になるし、手抜きにも思われそうだし、色々な味のおかずも食べたくなり、満足感がちょっと足りない!というときもありますよね。

ランチの定番だけど、夜ごはんにも食べたい!という日もあるはずです。

ここでは、管理栄養士がオムライスに合うおかずをご紹介して、具体的な献立例をランチ用、晩ご飯用、簡単用にして紹介します。

記事作成:管理栄養士 SIMO

スポンサーリンク

 

オムライスの献立を考えるときのポイントは?

オムライスは1品だけでも良いのですが、同じ味が続くと飽きてしまいます。もう一品あればいいなと思ってしまうので、他のおかずを用意したいですね。

オムライスの献立を考えるときのポイントを紹介します。
オムライスは洋食なので、他のおかずを用意するときは同じ系統の洋食を選ぶと美味しく食べられます。

オムライスは油を使って炒めたり、卵を焼くため、食べ続けると油っぽくなります。

このため、おかずにはサラダやスープ類を追加することで口の中をさっぱりさせ、箸休めになります。
さっぱりするおかずを献立に入れるのがポイントです。

栄養面は、オムライスはご飯を使っているため、炭水化物は十分にあり、卵と鶏肉があるため、たんぱく質もあり、玉ねぎなど野菜もあるため、ミネラル、ビタミン、食物繊維もあります。

つまり、1品だけでも栄養バランスは良いということです。

ただ、具に使う野菜は少ない場合が多いので、おかずに追加するとしたら野菜を中心にするのが栄養バランスの良い献立にするポイントです。

それでは、具体的なオムライスに合うおかずをご紹介していきますね。

 

オムライスに合う肉・魚のおかずは?

オムライスはたんぱく質がしっかりあるため、追加する必要は特にありません。
ただ栄養バランスは置いといて、美味しく満足できる献立にしたい日もありますよね。

そんな時のために、オムライスに合う肉、魚のおかずを紹介します。

・ハンバーグ
・豚カツ
・唐揚げ(鶏肉、白身魚)
・フライ(エビ、カキ、白身魚)
・カルパッチョ

洋食のおかずが相性がよいため、選んでいます。
いずれもケチャップをつけると美味しいおかずですよね。

例外としてカルパッチョがありますが、カルパッチョはあっさりしていますが、ソースにバジルが使われ、さっぱりしているので大人向けにおすすめです。

栄養過多が気になる人は、あくまでメインはオムライスなので、いつもより少なめや小さめにするのが、おすすめです。
食べ過ぎて胃もたれになっては大変ですしね。

 

オムライスと一緒に食べたい副菜・付け合わせは?

オムライスは野菜が少なめになるため、野菜を追加したいです。

オムライスに使う野菜が1人前で加熱前の量が両手でいっぱいであれば、不足していませんが、少なければ追加をおすすめします。

・サラダ(レタス、トマト、キュウリ、ブロッコリー、枝豆、玉ねぎなど)
・温野菜サラダ(キャベツ、にんじん、ブロッコリー、アスパラガスなど)
・ポテトサラダ
・野菜のソテー(ほうれん草、コーン、にんじん)

洋食のおかずを選んでいます。

ドレッシングはフレンチドレッシング、コールスロードレッシングなど洋食風のものを選ぶと相性がよいため、お好みのもので良いです。

スポンサーリンク

 

オムライスに合う汁物、スープは?

オムライスは野菜が少なめになるため、汁物、スープには野菜を追加したいです。
その中でも特におすすめを紹介します。

・オニオンスープ
・コーンスープ
・コンソメスープ
・クラムチャウダー
・ポタージュ(じゃがいも、かぼちゃ、ソラマメなど)

いずれも洋食のスープ類になります。
もちろん、みそ汁でも良いのですが、オムライスなので洋食にするとよりバランスが良くなりますよ。

 

オムライスにおすすめの献立は?

色々とオムライスに合うおかずをご紹介してきましたが、管理栄養士が考えるおすすめの献立をご提案します。

①ランチの定番献立

・オムライス
・サラダ(レタス、トマト、キュウリ)
・オニオンスープ

店でも出てきそうな定番ですが栄養バランスは良く、おすすめです。
サラダをオムライスと一緒に乗せてワンプレートで楽しんでも良いですね。

②ランチの定番献立

・オムライス
・温野菜サラダ(キャベツ、にんじん、ブロッコリー)
・コーンスープ
・季節の果物

こちらもお店でも出てきそうな定番です。
サラダを温野菜にすることで、生の果物がより美味しく食べられます。
サラダと果物をオムライスと一緒に乗せてワンプレートで楽しんでも良いです。

③晩ご飯にしたいお腹いっぱい献立

・オムライス
・ハンバーグ
・ポテトサラダ
・コンソメスープ

ハンバーグはミニサイズがおすすめです。
デミグラスソースが用意できれば、ハンバーグも一緒に煮込んでもより美味しく食べられます。

④晩ご飯にしたいお腹いっぱい献立

・オムライス
・エビフライ
・野菜のソテー(ほうれん草、コーン、にんじん)
・クラムチャウダー

エビフライ、クラムチャウダーがあり、魚介類も楽しめるお腹いっぱいになる献立です。

⑤簡単!時短!献立

・オムライス
・ポタージュ
・缶詰(みかん、桃など)

オムライスを作るので大変!だけどオムライスだけは嫌だという時の簡単献立です。
インスタントを使うなんて手抜きな気がするかもしれませんが、オムライスは意外と手間がかかりますので手抜き感は感じさせずに済みますよ。
インスタントのポタージュを使えば、お湯を注ぐだけです。
缶詰もすぐに盛り付けられますね。

⑥オムライスだけが良い!けど栄養バランスも良くする献立

・オムライス、トマトソース+ホワイトソースかけ

いつものオムライスを作りますが、ケチャップを使わず、トマトソースとホワイトソースを半分ずつかけます。
トマトソースには、トマトだけでなく、なす、にんじん、玉ねぎなども一緒に煮込んで作ります。

栄養バランスも良くなり、ボリュームも出ます。
ソースを2種類かけることで味のパターンが増え、飽きずに最後まで美味しく食べられます。

オムライスの献立のまとめ

オムライスは1品だけでも栄養バランスは比較的良いおかずです。
ただ、具に使う野菜が少ない場合が多いので、栄養バランスを気にする場合は野菜のおかずを追加したいものです。

オムライス1品だと同じ味が続いて、油っぽさがあるため、サラダやスープなど口の中がさっぱりするものを献立に入れるのがおすすめです。

相性の良いおかずは基本的に洋食のおかずです。
定番献立のオムライス、サラダ、スープの組み合わせ、晩ご飯向けの献立のオムライス、ハンバーグ、サラダ、スープなどが、おすすめです。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です