野菜をお試し出来るって知ってる?>

玉ねぎの日持ちのコツ!保存方法と冷凍保存、保存期間はこれで完璧!

「玉ねぎって日持ちする保存方法はあるのかな?」
「保存期間はどれぐらいなんだろう?」
「玉ねぎって冷凍保存できるのかな?」

こんな疑問はありませんか?

玉ねぎは日持ちする野菜のイメージはありますが、常温保存できるのか、冷蔵庫に入れるべきなのか
詳しく知らないというかたも多いのではないでしょうか。

切ったり、みじん切りしてラップをした玉ねぎは賞味期限がどれぐらいなのかも気になりますよね。

マンションにお住まいの方でも簡単に出来る日持ちする保存方法と冷凍保存の仕方や保存期間について詳しくご紹介します。これで安売りで大量に玉ねぎを買っても大丈夫ですよ!

スポンサーリンク

 

玉ねぎの常温保存の方法と保存期間は?

風通しの良い場所で吊るして保存|保存期間:2~3ヶ月 
カゴに入れて保存|保存期間:2~3ヶ月

玉ねぎは、日陰の風通しの良い乾燥した場所で保存すると長期保存ができます。玉ねぎは湿度に弱いため乾燥する場所に置くようにしてくださいね。

野菜を買って来たらなんでも冷蔵庫に入れてしまっているという方も多いと思うのですが、
玉ねぎの保存方法の基本は「常温保存」ということを覚えておいてくださいね。

風通しの良い場所で吊るしたときの保存

ストッキングやネットなどに入れて、直射日光が当たらない風通しが良い場所に吊るして保存します。

吊るして保存した場合の保存期間:2~3ヶ月

<保存方法>
1、ストッキングやみかんのネットなどを準備する。
2、玉ねぎを茶色い皮がついた状態で入れる。
3、1個入れたらひと結びして、結び目をいれる。
4、次々に入れてひと結びすを繰り返す。
5、風通しがよい日の当たらない場所に吊るして保存する。

2~3ヶ月と一番長く日持ちがするのが吊るす方法です。安売りでたくさん買ったときなどは、この方法がおすすめです。

カゴに入れて保存

玉ねぎを新聞紙に包んで日陰にカゴを置きます。

カゴに入れて保存した場合の保存期間:1~2ヵ月

マンションやアパートだとベランダはあっても玉ねぎを吊るす場所がない場合もありますよね。そんなときは、カゴに入れて風通しの良い日の当たらない場所に置くと長期保存することができます。

<保存方法>
1、玉ねぎは、湿気対策のため1個ずつ新聞紙に包む。
2、カゴに入れてる。一つのカゴに詰め込みすぎないようにする。
3、風通しの良い日の当たらない場所に置く。
4、湿気を吸収して新聞紙がふにゃふにゃになってきたら、新しい新聞紙に交換する。

保存期間は1~2ヵ月あります。たくさん購入した場合でも玉ねぎは毎日使って消費が早いので、痛まずに使い切れるのではないでしょうか。

 

玉ねぎを冷蔵庫での保存方法と保存期間は?

新聞紙に包んで冷蔵庫で保存(夏場は常温保存ではなく冷蔵庫で保存)
冷蔵庫での保存期間:1か月

夏場や気温が高くなってきた春夏は、玉ねぎは常温保存だと腐りやすくなります。
そのため、冷暗所での常温保存から冷蔵庫の保存へ切り替えます。また、冷蔵庫の野菜室は湿度が高く90%となるため、玉ねぎは野菜室ではなく、冷蔵庫に保存してくださいね。

 

玉ねぎを冷蔵庫で保存する方法
1、玉ねぎは、湿気対策のため1個ずつ新聞紙に包む。
2、3個ずつぐらいビニール袋に入れる。
3、野菜室ではない、冷蔵庫に入れて保存する。

冷蔵庫で保存する場合は、りんごの近くには置かないようにしてください。りんごが出すエチレンガスが玉ねぎの発芽を促してしまうので痛みやすくなります。

買ってた袋のまま冷蔵庫に入れている方も多いのではないでしょうか?袋の中の湿度が高くなって痛みやすくなりますので、あまり日持ちがしません。
湿度が高い冷蔵庫での保存でも、新聞紙に包むと1ヵ月と日持ちがするので安心ですね。

スポンサーリンク

 

切った玉ねぎの保存方法と保存期間は?

半分に切った玉ねぎはラップをする|1週間の保存期間
スライスした玉ねぎはジップロップの袋に入れる|3~4日の保存期間

切った玉ねぎは、切り口から乾燥していくためあまり日持はしません。ここでは、半分に切った玉ねぎとスライスした玉ねぎの保存方法についてご紹介します。

半分に切った玉ねぎの保存方法と保存期間

半分に切った玉ねぎは、切り口が空気に触れないようにしっかりラップをして野菜室に保存します。切り口から水分が抜けていって劣化しすくなるので早めに使うようにしてください。

半分に切った玉ねぎの保存期間:1週間

スライスした玉ねぎの保存方法と保存期間

ジップロックの袋に入れて空気を抜いて保存するか、タッパーに入れて密封します。
スライスした玉ねぎは切り口が多いため空気に触れる部分からどんどん痛みやすくなりますので、できるだけ早く食べるようにしてください。

スライスした玉ねぎの保存期間:3~4日

 

新鮮に玉ねぎを長持ちさせるためには真空パックんプラス がおススメです。カット野菜を一週間保存しても段違いのみずみずしさ!

野菜だけでなく、お肉や煮物なども真空パックで美味しく保存できるので、手放せないアイテムになりました。

真空パックんプラスについて詳しくはこちらをご覧ください。

冷凍保存の方法

みじん切り、スライスをして冷凍保存
冷凍の保存期間:1か月~2か月

冷凍保存の時は、丸のままの玉ねぎではなく、みじん切りやスライスをして保存をします。
凍った状態で料理が出来るのでとても便利なんですよ。

冷凍保存の方法と保存期間

冷凍保存するときは、玉ねぎを大きめのみじん切り、厚めのスライスをします。
生のままジップロックの袋に入れて空気を抜きます。
袋に入れた時に、できるだけ平らにして入れると使う時にその分だけ折って使えるので便利です。

冷蔵庫でみじん切りやスライスした玉ねぎだと3日程度しか日持ちしませんが、冷凍保存すると1ヵ月程度日持ちがするのでとても便利ですね。

冷凍保存で料理を時短する!

玉ねぎは冷凍保存におすすめの野菜です。玉ねぎは冷凍すると繊維が壊れて水分が抜けるため料理の時間が短縮できるからです。
シャキシャキ感はなくなりますが、炒めた時に火が通りやすくなって調理時間が短くなります。水分が出たことによって旨みが凝縮されて甘みが増します。

シャキシャキ感を楽しむ料理ではなく、甘みを生かした料理に使うのがおすすめです。
・あめ色の玉ねぎ:生の玉ねぎだと30分程度かかりますが、冷凍玉ねぎで作ると5分程度で出来上がります。
・ハンバーグ、ミートソース:冷凍したものを折って入れるだけなので手間がかからず、甘みが加わるので美味しくできます。

解凍方法は?

解凍方法は、凍ったまま調理するのがおすすめです。
自然解凍をすると水分が出てべちゃっとなってしまいます。
ジップロックの袋に入れていると使いたい量だけ割って冷凍のまま調理できるので便利ですよ。

スポンサーリンク

 

まとめ

<常温保存> 冬、春秋の涼しい季節
◆風通しの良い場所で吊るして保存|保存期間:2~3ヶ月 
◆カゴに入れて保存|保存期間:2~3ヶ月

 

<冷蔵保存> 夏、春秋の暑い季節
新聞紙に1個ずつ包んで冷蔵庫で保存|保存期間:1か月

 

半分に切った玉ねぎはラップをする|1週間の保存期間
スライスした玉ねぎはジップロップの袋に入れる|3~4日の保存期間

 

<冷凍保存>
みじん切り、スライスをして冷凍保存|保存期間:1か月~2か月

このように玉ねぎは常温保存、冷蔵庫で保存する場合も日持ちがする野菜です。毎日のように料理で使う玉ねぎなので安売りのときにまとめて購入すると良いですね。

私が特におすすめなのは、スライスをして冷凍保存すると味噌汁などに入れるときに折って入れることが出来るのでとても便利ですよ!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です