手作りクッキーの賞味期限は?日持ちするコツと保存方法を紹介!

おやつやプレゼントに手作りクッキーは良いですよね。簡単に美味しく出来るので食べるのも作るのも大好きです。

手作りだと市販とは違って賞味期限が分からないですよね。どれぐらい日持ちするのか知っていますか?

元パティシエのママ友に聞いたり、森永のサイトを参考にクッキーの賞味期限を調べました。

そこで今回は、

・手作りクッキーの賞味期限 

 

・家庭で出来る手作りクッキーの湿気対策

 

・手作りクッキーの保存方法と簡単な日持ちのコツ

についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

手作りクッキーの賞味期限と日持ち

クッキーの賞味期限はシンプルなものほど日持ちがして、チョコチップなどを入れると短くなります。

それでは、それぞれの賞味期限を詳しくみていきましょう!

シンプルな型抜きクッキー

賞味期限:常温で約1週間 ※湿気に注意

シンプルな型抜きクッキーは約1週間日持ちがします。サクサク食感が美味しいので、湿気は大敵です。密閉容器に入れてシリカゲル(乾燥剤)を入れていると安心です。乾燥剤は、せんべいや海苔などに入っているものを使うと良いですよ。

チョコチップなどが入っているものよりも日持ちがするので、事前に作ってプレゼントするというときに、シンプルクッキーはおすすめです。

スノーボール 

賞味期限:常温で約1週間 ※湿気に注意

さくっと、ほろっと崩れるような食感が美味しいスノーボール。食感を保つため、湿気に注意して保存するようにしてください。

密閉容器にシリカゲル(乾燥剤)を入れて保存すると良いですよ。プレゼントにあげる場合も、出来れば袋や小瓶にシリカゲル(乾燥剤)を入れると安心ですね。

しっとりチョコチャンククッキー 

賞味期限:常温で約3~4日

スタバでも人気のしっとりした食べ応えのあるクッキーです。日持ちは3~4日となりますので、作ったら早めに食べるようにしてくださいね。

チョコチップクッキー

賞味期限:常温で約3~4日

定番のチョコチップクッキーは、サクサクしたクッキーにチョコチップが入っていて美味しいですよね。チョコが入っているので、シンプルなクッキーよりも日持ちはしません。3~4日程度に食べると美味しいですね。

スポンサーリンク

 

手作りクッキーの日持ちさせるコツ

・熱が取れるまで、しっかり乾燥させる

・密閉容器に入れて、シリカゲル(乾燥剤)を入れる

手作りクッキーは、保存料が入っていないので賞味期限は短くなります。美味しく焼いたクッキーを日持ちさせるためには、乾燥から守ることが大切です。

それでは、詳しく見ていきましょう。

焼いた後は、熱が取れるまで乾燥

クッキーのサクサク感を維持して日持ちさせるためには、焼き上がったら熱が取れるまでしっかり冷まして、乾燥させることが大切です。

オーブンのプレートから網の上に移動させると乾燥しやすいですね。乾燥させることによって、水分が飛びますのでサクサクの美味しい食感になります。

乾燥させずにタッパーなどの密閉容器に入れてしまうと、クッキーはサクサク感がなくなって、日持ちもしません。容器に水分が付いてしまうと、腐ったりカビが生える原因にもなるので注意してくださいね。

シリカゲル(乾燥剤)を使う

しっかり熱を取って乾燥させたクッキーは、タッパーなどの密閉容器にシリカゲル(乾燥剤)を入れて保存すると安心です。クッキーのサクサクした食感には、乾燥が大敵です。

シリカゲル(乾燥剤)は、せんべい・おかき・海苔などに入っているのでそれを使うのもありですよ。

クリスマスやバレンタインにプレゼントするときには、袋ではなく小瓶などの密閉容器に入れて、シリカゲル(乾燥剤)を入れると完璧ですね。袋だと割れやすいし、湿気が心配なので小瓶がおすすめです。

 

 

まとめ

<手作りクッキーの賞味期限と日持ち>

種類 賞味期限
シンプルな型抜きクッキー 常温で約1週間 
スノーボール: 常温で約1週間 
しっとりチョコチャンククッキー 常温で約3~4日
チョコチップクッキー 常温で約3~4日

 

<手作りクッキーを日持ちさせるコツ>
・熱が取れるまで、しっかり乾燥させる
・密閉容器に入れて、シリカゲル(乾燥剤)を入れる

手作りクッキーの賞味期限は他のお菓子に比べると日持ちがする方です。しかし、湿気には弱いのでしっかりと乾燥させるようにして、保存するときは気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

 

>関連記事<
手作りケーキの日持ちは?賞味期限まで美味しく食べる保存方法! 手作りチョコの賞味期限と日持ちは?プロに聞いた安心の消費期限!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です