柿の食べごろはいつ?美味しい選び方や見分け方の3つのポイント!

オレンジ色に色づいた柿を見ると秋の季節を感じますよね。
秋の味覚の柿は甘くて美味しいので大人も子どもも大好きな果物の一つです。

柿の食べごろの見分け方はいつなんだろう?
美味しい柿の選び方はどこを見分ければよいのかな?

そんな疑問はありませんか?
柿は色々な種類があってスーパーでたくさん並んでいるので、どれを選べば良いのか分からなった方必見です。

柿の選び方のポイントと食べ頃の見分け方についてご紹介します。

スポンサーリンク

柿の選び方の3つのポイントは?

1、ヘタを見る
2、色とブルームを見る
3、手に持ってみる

柿はばら売りされていることが多いため、一つずつ確認をして選ぶことをおすすめします。

選び方はとても簡単で、まずはヘタと色を見ればすぐに判断できます。
次に持ってみて最終チェックです。その間、3秒ですね^^

それでは、詳しく下記の選び方をご説明します。

1、ヘタを見る
ヘタの下まで柿のオレンジ色が回っているもので、
ヘタがしっかりと生きているものを選びます。

 

葉はイキイキとした緑色でしっかりと4枚の残っているものが良いです。
葉と果実が密着しているいものは虫食いの心配がなく美味しい柿です。

 

ヘタが黒ずんでいたり、果実との間に隙間があるようなものは避けてください。

 

2、色とブルームを見る
オレンジ色が全体に濃いものが甘みの強い良品です。
また、果皮に白い細かい粉が出ているのは、農薬ではなくぶどうなどと同様のブルームというものです。

 

柿自身が出す水分蒸発を防ぐための成分で、ブルームがついたものほど新鮮です。
ぶどうやすもも、ブルーベリーについているのは記憶にありませんか?
それと同じものです。

 

3、手に持ってみる
手に持って見てずっしりと重みを感じるもの、軽く触ってみて柔らかすぎず、硬すぎず張りがあるものが良いでしょう。

形はいびつでなく整っているものを選んでください。

こんな感じで選べば鮮度が良くて美味しい柿を見分けることが出来ます。
簡単なのでぜひやってみてくださいね。

では、次は食べごろについてご説明しますね。

スポンサーリンク

食べごろはいつなのか?

硬めの柿、柔らかい柿どちらも食べ頃

柿の食べ頃は人によって違ってきます。

硬めの柿をシャキシャキ感を味わいながら食べるのが好きな方や
追熟が進んだトロトロの柿をスプーンで食べるのが一番美味しいと感じる方など色々な好みがあります。

私は完熟したトロトロの柿をヨーグルトに入れて食べるのが大好きです。
柿の甘さがヨーグルトの酸味とちょうどよく合うのです。
柿とヨーグルトのトロトロがたまらないですよ~^^

硬めの柿は、せん切りにしてサラダに入れると程よい甘さが美味しいです。
大根と柿のサラダは我が家のテッパンです。マヨネーズとも相性が良いですよ。

このように、柿は買った直後の硬いときから腐る直前のトロトロの完熟状態までいつ食べてもよい果物なんです。

カビが生えていたり、変な味がしたり、異臭がするといったことがなければ、
濃いオレンジ色でぶよぶよになっていても、美味しく食べることができます。

柿は、硬めが好きな方は購入してすぐにどうぞ。
柔らかい完熟が好きな方は、トロトロになるまで完熟させてからどうぞ。
お好みの食べ頃の時期に食べてくださいね。

まとめ

<柿の選び方>
1、ヘタを見る
2、色とブルームを見る
3、手に持ってみる

 

<柿の食べごろ>
硬めの柿、柔らかい柿どちらも食べ頃

柿の選び方はとても簡単ですよね。
3秒で美味しい柿を選ぶことができます^^

柿の食べ頃は意外だったのではないでしょうか。
トロトロまで熟すと熟しすぎてしまったと思う方もいるかもしれませんが、
それはそれであり!だったのです。

秋の味覚で栄養豊富な柿を美味しく頂いてくださいね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です