黒いちじく(ビオレソリエス)とは?お取り寄せ・通販は?満点青空レストラン

黒いちじく「ビオレソリエス」は、佐賀県唐津市の富岡農園で栽培されている珍しいいちじくです。日本でも栽培している農家は少なく「幻の黒いちじく」と呼ばれているほどです。

満点☆青空レストランでは、この黒いちじく「ビオレソリエス」について放送されました。ゲストの中村仁美さんと絶品の黒イチジクを使った料理も紹介されて、黒いちじくに興味深々です^^

今回は、そんな黒いちじくの気になることについてご説明していきます。

・黒いちじく「ビオレソリエス」って何?
・黒いちじくの味は?
・黒いちじくはどこで買える?お取り寄せはココ!

スポンサーリンク

黒いちじく「ビオレソリエス」とは?

・日本では栽培農家が少ない
・佐賀県の富岡農園と4戸のみが栽培
・市場で出回っていない
・「幻のいちじく」「黒いダイヤ」

黒いちじく「ビオレソリエス」は、日本ではほとんど栽培されておらず、佐賀県唐津市の富岡農園、富岡秀俊さんと他の4戸の農家さんだけが栽培している非常に希少価値が高いイチジクです。

黒いちじくは、フランス原産の品種です。ちなみに「ビオレソリエス」はフランス名となります。

フランスの乾燥した気候では、育ちやすい品種ですが、日本の気候では栽培するのが難しいため、富岡さんは十数年の歳月をかけて黒いちじくの栽培に成功されました。

フランスで栽培されているのであれば、輸入すれば良いじゃないの?!と思いますが、それが出来ないのです。いちじくは、日持ちがしないため輸入には向かない果物なのです。

そのため、日本では黒いちじくは手に入りにく「幻のいちじく」「黒いダイヤ」と呼ばれているのです。

次は、気になるお味をご紹介します。

スポンサーリンク

黒いちじくの味は?

ねっとりとした濃厚な甘さ

黒いちじくの味は、ねっとりと蜜が入ったような濃厚な甘さです。半分に切ると、とろりとした柔らかい果実がとろけるようです。

一般的ないちじくの糖度が13度なのですが、富田さんの黒いちじくは、18度~20度もあるのです。

外側は黒いのですが、切ると赤い部分が多くて白い部分は少な目なのが黒いちじくの特徴です。

全国のシェフが佐賀県唐津市の農家さんに注文されているそうです。そして、タルトやケーキなどのスイーツはもちろん、ワインや肉料理、サラダになります。

・黒いちじくのサラダ
・黒いちじくソースのステーキ
・黒いちじくのドライカレー
・黒いちじくのケーキ
・黒いちじくのタルト
・黒いちじくのジャム

こんな感じのお料理になります!!

お・い・し・そ・う!

黒いちじくはどこで買える?お取り寄せはココ!

佐賀県の富田農園の富田秀俊さんの黒イチジクを300g(3個~8個)をお届けするものです。栽培が難しく希少価値が高い、「ビオレソリエ」を食べるチャンスです!

 

こちらは、富田さんの黒いちじくを冷凍したものです。皮つきのまま冷凍しています。ジャム・コンポート・ソースなどにすると美味しいですよ!アイスを添えても絶品♪

まとめ

<黒いちじく「ビオレソリエス」>
・日本では栽培農家が少ない
・佐賀県の富岡農園と4戸のみが栽培
・市場で出回っていない
・「幻のいちじく」「黒いダイヤ」

<黒いちじくの味>
・ねっとりとした濃厚な甘さ

<黒いちじくの通販お取り寄せ>

幻の黒いちじく、気になりますよね。濃厚な甘さでとろりとした食感・・・想像しただけでヨダレが・・・(*ノωノ)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です