無塩バターの代用と使い道は?有塩バター・マーガリンで代用できる?

お菓子作りやパン作りに欠かせない無塩バター。無塩バターは品薄で手に入らなかったり、お値段がちょっとお高めだったりします。

そんなときは、無塩バターを有塩バターで代用したらダメなのかな。マーガリンなど他のもので代用したいなと考えてしまいますよね。

そこで今回は、

・無塩バターは有塩バター(食塩不使用バター)で代用できる?
・有塩バターを使うとクッキーなどお菓子への味の影響はある?

・無塩バターは、マーガリンやサラダ油で代用できる?

・消費出来なかった無塩バターの使い道は?

についてご説明します。

スポンサーリンク

無塩バターは有塩バターで代用できる?

・バターの量が少ないお菓子やパン:代用できる

・バターの量が多いお菓子やパン:代用できない

バターの分量が少ないお菓子であれば、有塩バターを使ってもそこまで差はありません。

しかし、パウンドケーキやガトーショコラ、クッキーなどバターを多く使うお菓子の場合は無塩バターを使うことをおすすめします。有塩バターだと塩分が多すぎて、塩味を感じて思っている味とかなり違います。

実際、私はりんごのパウンドケーキに有塩バターを使って作ったことがあります。しょっぱくてケーキっていうか、これ何?って感じのものが出来上がりました。せっかく作ったのに残念すぎるケーキでした・・・

あと、懲りずに(笑)クッキーも作ったのですが、塩ちんすこうみたいな感じなりました。これはお好みですよね。

お菓子作りにはやっぱり無塩バターを使う方が美味しく出来上がります^^

 

手作りケーキの日持ちは?賞味期限まで美味しく食べる保存方法!

無塩バターは無塩マーガリンで代用できる?

・無塩マーガリンとケーキ用マーガリンは無塩バターの代用品になる

・レシピの無塩バターの分量と同じ量を置き換えるだけ!

無塩マーガリンとケーキ用マーガリンは無塩バターの代わりに使ってもそこまで大きな味の差はありません。作るときも簡単で、無塩バターと同じ分量を無塩マーガリンに置き換えるだけでOKです。

食べ比べてみると、風味の違いはありますが、無塩マーガリンで作っても十分美味しいものが出来上がります。

特にガトーショコラやブラウニーなどのチョコレート系のケーキはバターの風味をあまり感じないので無塩バターと大差ありません。

シンプルなパウンドケーキは、バターの風味を感じやすいので多少差がありますが、家庭用のお菓子であればそこまで気にすることはないと思います。

ホームベーカリーで毎日パンを作るって方はマーガリンを使うって方も多いですね。毎日のことなので無塩マーガリンはお値段が安いのが魅力的ですよね。

 

無塩バターはサラダ油で代用できる?

・無塩バターの分量を100%サラダ油で代用するのはNG

・有塩バターとサラダ油を組み合わせて無塩バターの代用に出来る

サラダ油で代用するときは、レシピの分量通りにするのではなく少しアレンジをすることが必要です。それでは、詳しくご説明していきますね。

サラダ油で代用

レシピの分量通り100%サラダ油はNG

クッキーやケーキのレシピの分量通りにサラダ油を入れてしまうと、ベタベタして油っぽいものが出来てしまいます。食べた時にもバターの香りがする美味しいお菓子ではなくなってしまいます。

あと、出来立てのオーブンから香る、あのバターの美味しい香りもサラダ油だとありません。ちょっと寂しいですよね・・・

せっかく作るのだから美味しいものを作りたいですよね。

そこで、ちょっと節約して油を使って、有塩バターとの合わせワザがありますのでご紹介しますね。

有塩バターとサラダ油を組み合わせて無塩バターの代用に出来る

・レシピの分量の半分を有塩バターにする。
・残り半分の2/3をサラダ油、菜種油・太白ごま油・米油などで代用する

有塩バターしかないけれど、お菓子が作りたい!無塩バターも無塩マーガリンも買いに行くのが面倒だ~ってときは、有塩バターを使っても大丈夫!

ただし、有塩バターの量はレシピの分量の半分にして、残りを他の油に置き換えます。残り半分の量を全部を油にしてしまうと油っぽくなるのでやや少なめの量2/3ぐらいにするとちょうど良いです。

油は、サラダ油、菜種油(なたね油)・太白ごま油・米油にするとお菓子の味に影響が出ないので良いですね。

我が家では、菜種油を愛用していて、菜種油は、揚げ物・炒め物など、通常のサラダ油と同様に使えるのが便利ですよ!

気になるお味ですが、バターの量が半分入っているのでバターの風味や香りも感じて、食べると少し軽めの食感になって美味しいですよ。家庭で食べるお菓子なので、分量を調整して好みに合わせた仕上がりに出来るのも良いですね。

スポンサーリンク

無塩バターの使い道は?

・普通のバターと同じように使える
・塩加減を普段より多めにする
・無塩バターに塩を足すと有塩バターと同じ

お菓子作りやパン作りで余ってしまった食塩不使用の無塩バター。使い道は、普通の有塩バターと同じように使うことができます

お料理するときに、塩加減をいつもよりやや多めにすると有塩バターで調理したときと同じような味付けになります。

ムニエルするときは、バターを溶かしたときに塩をパッパと振れば良いですね。トースターにバターを塗るときにも同じように塩を加えると同じ味わいになります。

ね。無塩バターにただ塩を足すだけなんです。

フランス料理やホテルの飲食店では、バターは無塩バターを使います。これは、バターに塩が含まれていると料理の味付けの時に微調整が出来ないからです。

家庭でも無塩バターを使えばプロの味になるかもしれませんよ!

まとめ

<無塩バターは有塩バターで代用できる?>
・バターの量が少ないお菓子やパン:代用できる
・バターの量が多いお菓子やパン:代用できない

<無塩バターは無塩マーガリンで代用できる?>
・無塩マーガリンとケーキ用マーガリンは無塩バターの代用品になる
・レシピの無塩バターの分量と同じ量を置き換えるだけ!

<無塩バターはサラダ油で代用できる?>
・無塩バターの分量を100%サラダ油で代用するのはNG
・有塩バターとサラダ油を組み合わせて無塩バターの代用に出来る

<無塩バターの使い道>
・普通のバターと同じように使える
・塩加減を普段より多めにする

お菓子やパン作りには無塩バターが一美味しく出来ますが、家庭用であれば代用可能です。無塩マーガリンや他の油で代用して節約&家庭の味を楽しむのもありですね!

無塩バターが余ってしまっても大丈夫!いつもの料理に美味しく使うことができますよ。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です